AR/VR の現状と見込み、AR/VRを徹底解説

5月 14, 2021
Mai Anh
AR VR の見込

米国IDC Customer Insight & Analysisのリサーチディレクターであるマーカス・トーチャに「タスクを容易にし、リソースへのアクセスと提供し、複雑な問題を解決することができるため、ビジネス分野でシェアを拡大している」と評価されたARが、VRと共に世界の治療、教育や製造業からエンタテイメントまで、すべての業界を支えてきました。AR/VRはバンズフリー技術を必要とする第一戦の労働者に新しい能力をもたらすことで今後人間の生活により大きな役割を果たし、既存のビジネスプロセスを抜本的に変えるものになると予測されます。

 では、ARとVRは何が違いだろう、またはどんな分野に活用されているのか。その現状と将来性はどうなのかDevSamurai Vietnamはここでご紹介いたします。

目次

1.ARとVRとは?ARとVRの違い

ARは拡張現実の略であり、スマートフォンやタブレットのカメラ機能を通じて映し出される映像に対し、デジタル映像を投影する技術です。ARの代表的な活用アプリとしては「Pokemon GO」です。Pokemon GOはAR技術を活用し、スマートフォンを通じてポケモンを現実世界に投影することで、ポケモンの世界観を疑似体験できます。

その一方、VRは英語でVirtual Reality、日本語でいうと仮想現実です。その名前のようにVRは3D技術によって作り出された仮想世界の中に、HDRを通じて入り込むという技術です。VRを利用することにより、「入り込んだような体験」をすることができます。

要するに、ARは現実世界に対して情報を付与することに対し、VRは現実世界とは全く切り離された仮想の世界を体験することが目的です。

2.AR/VRの現状

AR/VRはどうのように採用されているのか?

ARの活用

ARの採用は、製造業、公益事業、電気通信、物流などの行基において、組み立て、保守・修理用途での採用と活用が主流です。

⁂ 製造におけるARの活用事例

製造業においてはARによる保守・点検の最適化や遠隔でのトレニンーグが一般な活用です。遠隔からの表示や設備などの情報を投影することが可能であり、ARは製造の小経費の削減、メンテナンス業務の効率化や遠隔地からの作業指示というメリットがあります。

製造業におけるARの活用と採用事例は試行進捗の確認、トンネルや橋りょうの維持管理の教育、荷物積み込みの効率化、危険回避システム、家具の試し置き、化粧品を選択する際の顔に反映してメイクなどです。

⁂ 物流・運輸におけるARの活用事例

今日、Eコマースの発達により個人消費者への配送料が急速に増加し、物流・運輸業界に大きな負担がのしかっかています。小口配送の増加と人手不足の現状ではその一部を正確に負担するツールが必要となっています。倉庫内のピッキング作業、オペレーションルーム・倉庫間の遠隔業務支援、訓練・教育(シミュレーション)などにARはその役割を果たしています。具体的にはDHLのGoogle Glass活用やチャンギ国際空港でのM300活用が事例です。

⁂ 医療におけるARの活用事例

それ以外には患者の診察や手術の情報共有やトレニンーグなどにもARが頻繁に活用されています。今まで、ARを活用した事例としてHolo Eyes AR、Kanpanu、血流の確認を支援するGlow800やVisible Bodyが運営している『ヒューマン・アナトミー・アトラス2021などはよく言及されています。

VRの活用

VRは仮想世界を表示する機能があるため、主に教育・研修や旅行の体験、医療などの業界に活用されています。

⁂ 教育・研修におけるVRの活用事例

VR技術は現実のような仮想世界を作り、工場の新入社員トレニンーグや製剤プロセス体験など現場研修に活用させます。それとともにVRは歴史、芸術、地理学から物理、化学、医療などまでの教育で背景と場面を現実なもののように表示し、知識を覚えやすく、実験できる方法を提供します。

⁂ エンターテインメント

VRは旅行の体験やゲームに採用され、エンターテインメント分野において大きな役割を果たしています。

⁂ 小売りにおけるVRの活用事例

店舗のイメージを表示することで、VR技術を利用することはお客様に遠隔からウィンドウズショッピングサービスを提供しています。それにより、顧客のエクスペリエンスを向上する一方、人手不足の対策を提供します。

3.AR/VRの将来性

 IDC Japanの調査によりますと、世界のAR/VRのハードウェアとソフトウェア、及び関連サービスを合計した支出額は2018年に89.0憶ドルから2019年に168.5憶ドル、2023年に1606.5億ドルに急伸ばすと予測されました。また、日本国内では2018年のAR/VR市場が役13億ドルとなりました。2019年は18億ドルとなり、2012年には34億ドルに達する見込みであると言われています。

世界のAR/VR市場規模等の推移及び予測
世界のAR/VR市場規模等の推移及び予測
出典:総務省「第1部 特集 進化するデジタル経済とその先にあるSociety 5.0」
国内AR/VR関連市場・用途セクター別支出額予測 2023年
国内AR/VR関連市場・用途セクター別支出額予測 2023年 (単位: 億米ドル)
出典:IDC Japan(2019年6月時点)

「ARのユースケースもまた、次世代のハードウェア、ソフトウェア、およびサービスの登場で増加しており、これらはいずれも既存のビジネスプロセスを抜本的に変えるものである。というのも、ARはハンズフリー技術を必要とする第一線の労働者に新しい能力をもたらすからであり、多種多様な会社がこれに注目している」と述べています。

【新型コロナウイルス対応】経営対策のAR/VR導入事例紹介はこちらへ!

4.まとめ

 AR/VRの市場規模は5年間連続急成長すると見込まれ、AR/VR技術とその活用は今後とも益々普及されてきます。言わば、ビジネスに利益をもたらすためのAR/VRは各分野、特に消費者、流通・サービスと製造業におけるさらに一般的な技術となる見込みです。日本国内でも、すでにAR/VRをビジネスに導入したのは大手企業ですが、これからも中小企業の革新トレンドとなる見込みです。

5.中小企業から大手企業までAR/VR導入を支援するDevSamuraiベトナム

 欧米企業及び日本企業のAR/VR導入を支援した経験を踏まえ、DevSamuraiベトナムはお手頃価格で日本品質の水準を満たすAR/VR導入支援、AR/VR開発のオフショアサービスを提供しております。弊社は十年以上AR/VR開発の経験のある中途採用人材を擁し、企業に利益をもたらす業務革新サポーターとして成長していきます。AR/VRに関するお問い合わせがございましたら、お気軽にお問い合わせください。