オフショア開発 -なぜベトナムなのか?

5月 14, 2021
Mai Anh
アウトソーシングベストプラクティス

日本では 90 年半ばからオフショア開発が活発になり、現在でもまだトレンドであります。それに、少子高齢化がますます進んでいるため、IT 分野だけでなく、各分野において人材不足または人件費の高騰が企業の悩みとなっています。そういう現状で海外、特に人件費が安い発展途上国のオフショア開発サービスを利用することはその対策の一つと知られています。オフショア開発対象国の中でベトナムは人気を集めています。本記事ではDevSamuraiベトナムがその理由をご紹介いたします。

まずは日本のIT分野の状況を振り返りましょう。

少子化と高齢化が同時に進行している結果、日本をはじめ世界の先進国の中で人口問題と人材不足問題が益々と深刻化されています。

ベトナムの人口変動。ベトナムはIT人材が若くて豊富です。
出典:2015年までは総務省「国勢調査」(年齢不詳人口を含む)、 2020年以降は国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」(出生中位・死亡中位推計)

帝国データバンク「人材不足に対する企業の動向調査(2018年4月時点)」によりますと、49.2%の企業はITを担当する正社員が不足しました。その結果、国内ベンダーへの要求が過剰となり、開発コストも製品の質を確保することが難しくなります。その一方、中小企業では業務のIT化を進めることができないため、全国の経済に大変な損害を与えています。

 優秀なIT人材の確保及び開発コストの削減の対策として、人件費が安い国のオフショア開発サービスを利用することはよく挙げられています。人気のオフショア開発先は中国、ベトナム、インドネシア、フィリッピン、インドとミャンマーです。数年前に中国やインドが主流なオフショア開発先でしたが近年、中国やインドの人件費が少しずつ上がってきたため、その2か国の代わりに、ベトナムはオフショア開発先として人気を集めています。

以上は日本のIT人材の現状を振り替えました。続きましてはベトナムがオフショア開発分野において注目を浴びている理由をご紹介いたします。

IT 分野を担う人材に恵まれる

2018 年時点にベトナムの労働力人口は 5535 万人であり、一般の労働力人材が非常に豊富です。また、ベトナム政府は IT を国の中心の分野として挙げ、国内の IT 能力を高めるために ICT 教育を推進したり、プログラミングなど高度な技術を教える教育機関を数多く設けたりして、積極的に取り組んでいます。それに、第4次産業革命の中核かつブレイクスルーである人工知能(AI)、ビッグデータ、IoTとロボットといった4つのテクノロジーの教育は特に注目しています。そのため、毎年全国で約 5 万人~6 万人の高度な知識を持っている新卒ITエンジニアが増えています。

低コストのサービスと IT 人材の提供可能

上述のように日本では人材不足が深刻化されていることが現状であり、スキルが高いエンジニアを採用するにはマッチング料も人件費も非常に高いです。それに対して、ベトナムは、発展途上国であり、大規模の IT 人材の確保が可能なので、ソフトウェア開発関連の費用と人件費が日本と比べて大変安いです。それに従って、ベトナムの日本より安価です。オフショア開発サイトによると、ベトナムのITエンジニアの月単価は33万円前後です。日本のは80万円前後で、ベトナムのITエンジニアの月単価の2.5倍となります。

ベトナムオフショア開発の単価はこちらへ

高いソフトウェア開発の品質

低コストと言ってもベトナムのオフショア開発の質は日本と比べても遜色がありません。経済産業省「IT人材に関する各国比較調査」(2016年6月)によると、ベトナムはレベル3(応用的知識・技能を有している人材)が31.3%、レベル4(高度な知識・技能を有している人材)が38.0%を占め、日本はレベル3が38.0%、レベル4が24.6%でした。

各国のIT人材の単価
出典:経済産業省 商務情報政策局 情報処理振興課 「IT人材育成の状況等について」

それはなぜかというと、上述のように、ベトナム政府は IT 産業の成長に着力しているため、IT のインフラを発展しつつ、国内の IT 人材の育成、特に、先端技術の教育に注目していますから。それに、各 IT 企業は職業スキルを開発する組織と連帯し、ベトナム人に最新スキルや外国企業が求めるスキルを教育しています。ですから、ベトナムの IT 人材は最新の IT 技術とスキルが世界に追いつけ、安価で優秀な人材もオフショア開発の品質も確保することができます。

日本に対する関心度及び日本文化・日本語の理解度が高い

日本国際交流基金の調査結果より(2018 年)、ベトナム人日本語学習者数は174.461 人であり、世界 7 位、東南アジア 2 位を占めました。ベトナムと日本の友好関係を踏まえて、ベトナム人が日本をはじめ、日本での職業、日本語及び日本文化に対して深い関心を持っています。しかも、ベトナム政府はベトナム人の日本理解度を高めるため、日本語・日本文化教育を促進すると主張し、国内で教育機関と日本文化フェスティバルを頻繁に立ち上げています。そういうわけで、日本の企業はベトナムの企業にソフトウェア開発を委託する際、異文化や言語の違いという壁がなくされるのでしょう。

5. ベトナムはオフショア開発で注目を浴びている

ベトナムのオフショア開発サービスは近年世界から注目を集めています。Resorz Co.,(2016年)レポートではベトナムが日本企業にとって最も望ましいソフトウェア開発/ソフトウェアアウトソーシング先であると評価され、Kearney(2019年)で「世界のアウトソーシング対象国(オフショア市場)の魅力度ランキング」で5位にランキングされました。

以上DevSamuraiベトナは日本がベトナムオフショア開発サービスを選ぶべきの理由をご紹介致しました。ご事業にお役に立てればと思います。

オフショア開発DevSamuraiベトナムとは?

DevSamuraiベトナム会社はGoogle Cloudパートナー、Solutionパートナー、Sonatypeパートナーであり、日本に限らず、欧米の企業からも高評価を得ております。弊社はウェブアプリ・モバイルアプリ、UI/UXデザイン、AR/VR開発やシステム開発など企業の業務をデジタル化するITソリューションをコンサルティング、提供しております。また、ご企業の仕様書通りにソフトウェアを開発するサービスも提供しております。

DevSamuraiベトナムはベトナムトップランキングIT系大学を卒業した経験豊富な人材及び高度な知識・技能を持ち、日本語対応可能な人材を確保しております。それにより、お手頃価格で最良のITソリューション・サービスを提供し、そして企業に利益をもたらすための、言わば企業革新推進サポーターとして成長していきたい所存ですので何卒よろしくお願い申し上げます。

業務をデジタル化するITソリューションまたはウェブ・モバイルアプリ、UI/UXデザイン、AR/VR開発及び業務システム開発サービスをお探しなら、ご気軽にお問い合わせください