ベトナムオフショア開発導入の問題点とその対策

5月 14, 2021
Mai Anh
ベトナムオフショア開発 の問題点

ソフトウェアやシステムを海外の企業に委託するオフショア開発は近年盛んとなり、ベトナムオフショア開発は特に人気を集めています。それはなぜかというと、ベトナムのIT(情報技術)人材が豊富で、完全にITについて教育されるし、それに人件費も安いからベトナムオフショア開発は日本の人材不足問題またはソフトウェア・システム開発コストの高騰の対策となります。但し、ベトナムオフショア開発にはまだ問題点がいくつか存在し、ベトナムをオフショア開発先として選ぶとき、ご注意ください。ここで、DevSamuraiベトナムはベトナムオフショア開発の問題点をご紹介いたします。

1. 言語の壁でコミュニケーションが通じない

 ベトナムオフショア開発に限らず、海外の企業に委託する際、企業の最も不安となっていることは言語の問題です。国内のベンダーを選ぶ場合、母国語同士の話し合いなので、細かいニュアンスまでしっかり理解することができます。オフショア開発なら、基本的に英語でコミュニケーションすることになります。日本語対応可能の人材が必要であったら、コストが少しがってしまいます。ベトナムオフショア開発の場合、日本語対応可能のベトナム人が益々増えているため、日本語で話しても構いませんがITベースの日本語や少し専門的な話ができる人材がまだ少なく、コミュニケーションが通じず、期待と全く違うものを開発してしまうことも少なくありません。ですから、ベトナムのオフショア開発を導入するとき、オフショア開発会社の日本語能力なども事前に検討する必要があります。

ベトナムオフショア開発の単価はこちらへ

オフショア開発にはコミュニケーション問題があります。

2. 文化の違い

ベトナムオフショア開発を導入する際の問題についてベトナム側が定期的に報告しないことや時間を守らってくれないことがよく挙げられています。

 オフショア開発を導入する際、お互いに真意及び作業順序を事前に明確にしないと、今後の作業は困難となります。そうしても開発する途中、定期的にミーティングをしたり、進歩や結果を報告しないと、企業の真意と全く違う製品を開発してしまうことやプロジェクトの延長もあります。ベトナム側のエンジニアは報告する習慣がない一方、言語の壁で報告したくても報告できないことが多く存在します。

 ですから、ベトナムオフショア開発先を選ぶとき、日本文化の理解度や企業の文化を考えないといけないでしょう。

3. コーディングの品質

一般的にベトナムソフトウェアの品質は日本のと遜色がないと言われますがベトナムソフトウェアの品質に対して十分に満足していないという声もあります。ベトナム人のエンジニアは日本人と違って、細かいところまで綿密にコーディングをし、コーディングを何回も推敲することは欠けています。そのため、大したなバッグではありませんが小さいバッグが発生することやコーディングが簡潔なものではないことなどはまだあります。そういうわけで、ベトナム企業とオフショア開発を協力する度、経験豊富のGQAがいるかどうかも考えましょう。

4. セキュリティ問題

ソフトウェア開発を委託するは国内のベンダーか国外の開発会社か問わずプロジェクトのセキュリティ問題を考えるべきです。IT企業、特に日が浅い企業はすべてソフトウェアのセキュリティ問題を意識するわけではありません。どんなプロセスで、どんな技術でまたはセキュリティに対する開発会社全体の観点はどうかという標準も考慮すべきでしょう。

5.締め切りの遅れ

上述した通り、ベトナム人エンジニアは時間守り意識がまだ低い一方、プロジェクトマネージャーが時間管理やプロジェクト管理のスキルを不足し、ソフトウェアのリリースが延長させてしまうことも珍しくなく存在しています。

DevSamuraiベトナムの対策

オフショア開発会社DevSamuraiベトナムはGoogle Cloudパートナー、Sonatype パートナー、Solutionパートナーであり、日本と欧米の企業から高評価を得ております。DevSamuraiベトナムは企業様の悩みを理解し、それを解決することに誠心誠意取り組んでおります。

ベトナムオフショア開発をはじめ、オフショア開発の各問題点を意識しながら、顧客に最良のウェブ・モバイルアプリ、業務システム、AR/VRやUI/UXなどのITソリューションとサービスをお手頃価格で提供しております。

DevSamuraiベトナムは以下の強みを持っています:

・専門的な日本語対応可能の人材

弊社は世界中の国にオフショア開発サービスを提供し、社内でもグローバル性格、つまり各国の文化と言語を深く理解し、活用する企業文化を築くことに取り組んでおります。特に定期報告やチームワークなどの日本企業のスタイルをはじめ各国のビジネスマナーのコースを社内で頻繁に行っております。それに、デイリーミーティングといった小さなことから時間を守り、時間を貴重にする体制を備えています。

・日本企業のスタイル、グローバル性格

弊社は世界中の国にオフショア開発サービスを提供し、社内でもグローバル性格、つまり各国の文化と言語を深く理解し、活用する企業文化を築くことに取り組んでおります。特に定期報告やチームワークなどの日本企業のスタイルをはじめ各国のビジネスマナーのコースを社内で頻繁に行っております。それに、デイリーミーティングといった小さなことから時間を守り、時間を貴重にする体制を備えています。

・ソフトウェアの品質が高い

弊社のGQAチームは7年以上ソフトウェアのテストを担当し、綿密にソフトウェアのバッグなどを見つけ、デベロッパーと共にバッグの修理に取り組んでいます。また、セキュリティを確保しながら、各チームがお互いに製品を検討し、テストできる体制も備えた結果、ソフトウェアのバッグを最大限に避けられます。

それに、DevSamuraiベトナムに入社する際、社員全員はセキュリティ確保原則についてのセミナーを参加されているため、ソフトウェア及び顧客に関する情報のセキュリティ確保について強く意識しています。

オフショア開発会社DevSamuraiベトナムのサービスはこちらへ

DevSamuraiベトナムはIT市場において日がまだ浅い企業であるといっても、プロフェッショナルな環境を作り、企業に利益をもたらすための、企業革新推進サポーターとして成長していきます。オフショア開発またはウェブ・モバイルアプリ、業務システム、AR/VR、UI/UXなどのITソリューションのコンサルティングや開発会社をお探しなら、DevSamuraiベトナムに、お任せください。

お問合せはこちらでございます。