Facebook 会社 は社名を 「 Meta 」に変更し、仮想空間に注力

10月 29, 2021
Mai Anh

Meta ・フェイスブック会社 の新しジョニー

2021年10月28日、 Facebook は Facebook Connect 拡張現実・仮想現実会議で社名を「 Meta 」(メタ)に変更することを公開しました。

Facebook CEO Mark Zuckerberg氏が自分の手紙に書いた通り、メタ とは超える(Beyond)という意味です。Mark Zuckerbergは、「これ以上ビルドするものがあります。ストーリーはいつも次の節があります」という自分の信念を Facebook社の新しい社名に考え込み、Metaを名付けました。

彼は、人々を集めるテクノロジーを構築し、Facebook社に対する印象をソーシャルネットワークからメタバース世界へ変えることを目指して、Facebook社の名前を変更しました。

Meta logo
Meta ロゴ

メタバースとは

メタバース(Metaverse)は、現実世界の特徴の上、周囲または現実世界から完全に離れる現実のデジタルなレイヤーです。いわば、Metaverse は 、ソーシャルメディア、オンラインゲーム、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)、暗号通貨など様々な側面を組み合わせ、ユーザーが仮想的に対話できるようにするデジタル現実です。現在 メタバース は 2022年とその後数年のコアテクノロジーとなっています。

メタバースは 、ユーザーが他の人と一緒に、または別の場所にいるような存在感を持たします。Metaverseで、ユーザーは自分の形態かパソコンで、友達や家族にあったり、働いたり、買い物をしたりすることができます。

メタの計画

Zuckerberg氏は、Metaは「Metaverseを10憶人にもたらし、数千億ドルのデジタルコマースをホストし、数百万のクリエーターや開発者の仕事をサポートすると述べました。

過去数年間、同社は、一連のポータルビデオ通話デバイス、Ray-Ban Storiesメガネ、Oculus仮想現実ヘッドセットの様々なバージョンと仮想会議室アプリ(Workrooms)を構築して、ハードウェアに取り組んできました。

仮想会議室
Workrooms
Facebookの開発した仮想会議室(Workrooms)(参考:https://about.fb.com/news/2021/08/introducing-horizon-workrooms-remote-collaboration-reimagined/)

Facebook社の現行は、数年後のMetaverseの成長と仮想現実(VR)、拡張現実(AR)の成長を示しました。これからは、ビジネスモデルとテクノロジーにそれらをコアテクノロジーとする新しく大きな変化を与えるでしょう。AR/VR、またはメタバースを活用し、独自で新しいビジネスモデルを構築したいなら、DevSamurai Vietnamにお任せください。今すぐ無料でコンサルティングを受けましょう。