Facebook Down 、Instagram、Whats App、 Facebook Messenger一旦停止

10月 5, 2021
Mai Anh

火曜日零時30分、Facebook は突然停止しました。それに従って、Instagram、Whatsapp、Facebook Messengerも一時アクセスができなくなりました。それは、2019年に起こったFacebookのグローバル規模の「接続できない」停止以来、最も深刻なダウン事件です。

Facebookは過去に数回発生した大きなバグを修正した経験がありますが、Facebook、Instagram、Whatsapp、MessengerなどのFacebookが所有するすべてのプラットフォームが同時に停止することは非常にまれでした。これらのソーシャルプラットフォームは約5時間使用できませんでした。FacebookユーザーはTwitterに移行して、Facebookのバグを共有し、Twitterではハッシュタグ #facebookdownがトレンドになりました。

現時点、それらのプラットフォームが戻ってきましたが、機能は完全に復元されていません。この停止の根底にあるものは、自社チームが日常業務で使用する多くの内部ツールとシステムに影響を与えたため、バッグを迅速にチェックして解決することができなくなった、とFacebookのCTOであるMike Schroepfer氏がTwitterで述べました。

Facebook down

なぜこの停止が起こったのか?

この Facebook down の根本的な原因はFacebookの構成変更の誤りだった、と当社エンジニアリングチームが発表しました。Schroepferによると、自社チームは、データセンター間のネットワークトラフィックを調整するバックボーンルーターの構成を変更しようとしたとのことで、この返信とネットワークトラフィックの中断が発生し、データセンターの通信方法に連鎖的な影響が生じました。それで、Facebookと関連プラットフォーのサービスが停止しました。

Facebookチームからのレポートはこちらでご覧ください。

Facebook down の影響

リアルタイムオンラインモニターのDowndetectorは、Facebookで123,000件以上、Instagramで97,000件、WhatsAppで34,000件、Facebook Messengerで9,600件以上の問題報告を受けたと述べました。

これらのソーシャルプラットフォームをビジネス活動や内部コミュニケーションに使用している多くの企業の活動がこの停止で中断されていました。

これで、Facebookとこれらの他のプラットフォームが復活しました。Facebookは、ダウンタイムの結果としてユーザーデータの侵害はないと主張しました。

アウトソーシング開発やオフショア開発、クラウドサービスに関するご相談がございましたら、DevSamurai Vietnamにお問い合わせください。