モバイルアプリ 開発 フレームワークおすすめ5選

10月 15, 2021
Mai Anh
モバイル開発 フレームワーク

Statisticの統計により、2016年から2020年にかけて世界中の年間 モバイルアプリケーション ダウンロード数が140.68憶件から218億件に増えました。全体の傾向を見ると、 モバイルアプリ は今後ともさらに成長していき、カスタムとの身近な接続点が必要な今こそビジネスのコアとなりつつでしょう。

モバイルアプリのニーズが高まっているに従い、コスト削減を実現しながら、 モバイルアプリ開発 を迅速かつ高品質で行う必要となっています。それで、 携帯 アプリ 開発 フレームワークが非常に有効となります。

本稿で DevSamurai Vietnam は モバイルアプリケーション開発 フレームワーク とそのの種類を定義し、TOP 5人気の スマホ フレームワーク をご紹介いたします。

1. モバイルアプリ 開発 フレームワーク とは?

モバイルアプリケーション開発 フレームワーク とは、スマホ アプリ開発 を簡単にさせる目的とした開発ツールです。開発者は、 モバイル アプリ を構築するために仕様する、すでに準備したコードライブラリ、デザインとアーキテクチャパータン、プラグインなどを含むセットのことです。

React NativeとFlutterはカスタム マルチプラットフォームの典型的な アプリフレーム であり、そのひとつの例です。

2.携帯 アプリ 開発フレームワークの種類

携帯 アプリ 開発 フレームワーク は ネイティブ アプリ 、ハイブリッド アプリ と クロスプラットフォーム といった3つの種類に大きく分けられます。

ネイティブ アプリ と は

ネイティブアプリ とは OS(オペレーティングシステム)iOSまたはAndroid自体によって開発した言語だけで構築されるアプリケーションのことです。ネイティブアプリは、特定のプラットフォーム専用に開発されているので、早いスピード、最高なパフォーマンス、エラーがほぼないこと、それにカメラやGPS、加速度センサー、コンパスなどそのデバイスの機能を最大限に活用できることなど、他のアプリより優れた機能があります

クロスプラットフォームアプリ と は

クロスプラットフォームアプリ は 、マルチプラットフォーム アプリ とも呼ばれ、iOS Android r両方で同じ仕様で動くアプリケーションのことです。クロスプラットフォーム アプリ 作るにはには一つのコードベースを利用し、両方のOSで実行することができるため、アプリ構築のコストを削減するメリットがあり、現在開発者間で人気を集めているフレームワークです。

ハイブリッドアプリ フレームワーク

ハイブリッドアプリとは 、 ネイティブアプリ と Webアプリ の組み合わせです。 Hybridアプリ は HTML 、 CSS 、 Javascriptなどの ウェブアプリテクノロジーで記述されますが、アプリはユーザーのブラウザ内に表示されるのではなく、ネイティブアプリケーションとその独自の埋め込みブラウザ内から実行されます。それで、 ハイブリッドアプリケーション は完全にモバイルの機能にアクセスできます。

3. モバイルアプリ開発 フレームワーク のおすすめ7選

3.1. React Native

React Native はFacebookに構築され、Javascriptベースのオープンソースです。React Nativeは クロスプラットフォーム アプリ 、つまり iOS Android 両方 のプラットフォーム に対応する アプリ 開発 に使用されます。約6年前に構築され、React Nativeは現在最も大きなサポートコミュニティがあるフレームワークの一つです。

React Nativeで構築されたアプリは Skype、Instagram、Facebook、Airbnb、Amazon Prime Videoなどがあります。

React Nativeの主な機能:

・ローコード

・互換性のあるサードパーティのプラグイン

・予測UIの宣言型API

・iOSとAndroid 対応

・コード再利用可能

・コスト効果

・最適パフォーマンスの再利用可能な要素

・最高のデプロイフィーチャー

・保守しやすい

3.2. Flutter

Flutter はReact Nativeと共に クロスプラットフォーム の有名なフレームワークです。Flutterは google フレームワーク のUIツールキットです。この googleフレームワーク は、短期間に ネイティブ アプリ 開発 に役立つ、完全にカスタマイズ可能な様々なウィジェットを提供します。それに、 FlutterはSkiaと呼ばれる2Dレンダリングエンジンを使用してビジュアルを構築します。また、Flutterの 階層化されたアーキテクチャは、コンポーネントの機能が実質的であることを保証します。

React Native vs Flutter クロスプラットフォーム フレームワーク 徹底比較

flutterで作られたアプリ は Cryptograph、Pairing、KlasterMe、Alibibaなどです。

主なメリット:

・完全なネイティブパフォーマンス

・魅力的でインタラクティブなビジュアル

・柔軟なユーザーインターフェース(UI)

・ビルドインマテリアルデザインを提供

・強いウィジェットサポートを提供

3.3.Xamarin

Xamarin は .net ベースの オープンソース と クロスプラットフォーム の モバイルアプリ開発 フレームワーク です。Xamarin は API、バックエンド、コンポーネントなどを含めた開発システムを提供します。Xamarinのライブラリー、ツールとプログラミング言語が豊富で、 ネイティブ アプリ 開発 に役立ちます。Xamarin は iOS 、 android フレームワーク 、WatchOS、tvOS、WindowsとmacOSフレームワークとして利用されます。

xamarin アプリ 例 はAPX、Evolve、FreshDirect、Storyoです。

主なフィーチャー:

・Googleエミュレータマネージャー

・用途の広いバックエンドインフラストラクチャ

・大規模なコミュニティ

・アプリケーションローダー

・診断ツール

・ストーリーボードファイル

・Android SDKマネージャー

3.4.Ionic

Ionic は HTML 、CSS、Javascriptを使用し、世界中で利用されている アプリ フレーム ワーク です。Ionicは、かつて cordova アプリ開発 とAngularアプリ開発のUIツールキットとして知られましたが2018年以来 Ionicは新しい ネイティブランタイムでの実行を始め、Codornaから独立のフレームワークとして発展してきました。Ionic は、HTML  ハイブリッドアプリ開発 や html5 ネイティブアプリ の開発によく活用されています。

ionic 開発 アプリ:MarketWatch、Diesel、Honeyfi、TD Trading

主なフィーチャー:

・アプリ開発を完全に制御

・クロスプラットフォームアプリ開発

・最適のパフォーマンス

・統一されたUI

・直感的なUIコンポーネント

・ユーザの適応性

・堅牢で安定した開発プラットフォーム

・速度が速い開発

3.5.Corona Sdk

Corona Sdk は 多くのデスクトップおよびモバイルプラットフォーム向けの高品質アプリの開発に最適な無用クロスプラットフォーム アプリ開発 ツールです。Corona Sdk は Luaと呼ばれる有効で軽量なスクリプティング言語を利用し、よりよいグラフィックを提供し、 ゲームアプリ 開発 に最も選ばれているツールです。また、Corona Sdkでアプリを構築すると、実際のデバイスで採取製品を即座にテストできます。アプリが開発またはデプロイされると、コートは自動的に更新されます。

Corona Sdk アプリ:Zip Zap、I Love Hue、Rider、Tiny Boxes

主なフィーチャー:

・数多くのプラグイン

・一流のデザイン

・Corona開発者コミュニティが大きい

・リアルタイムテスト

・Luaベースプラットフォーム

・最適パフォーマンス

・ネイティブライブラリへの統合をサポートするAPI

まとめ

現在最も利用されている モバイルアプリ 開発 フレームワーク はReact Native とFlutter です。アプリ フレームワーク は スマホアプリ開発を簡単にさせ、開発時間とコストを削減するメリットがあり、開発目的とアプリの種類によって モバイルアプリ 開発 のフレームワークを選んだらいいでしょう。

DevSamurai VietnamはGoogle Cloud、Atlassianパートナーであり、React Native、Flutter、Corona SDK フレームワークをを中心に ユーザーフレンドリー、最良のパフォーマンスのモバイルアプリケーション 開発 サービス を提供しております。DevSamurai Vietnam の モバイルアプリケーション開発の実績 はこちらでご参考ください。モバイルアプリケーション開発 会社をお探しなら、DevSamurai Vietnamにお任せください。