【2021年】開発者向けプロジェクト管理ツールおすすめ7選!徹底比較!

5月 5, 2021
Tam Nguyen

プロジェクト管理ツールは、テクノロジー、それにデジタル化の進化に従い、伝統的なプロジェクト管理エクセルを代わって、PMの有能なお手伝いになっています。IT業界では、PM(プロジェクトマネージャー)、PO(プロジェクトオーナー)は開発の業務以外、チームメンバーのタスク管理やプロダクトのデリバリースケジュールのトラッキング業務も担い、多くの時間がチームとプロジェクト管理にかかるのでしょう。プロジェクト管理ツールはそのため、数十個開発され、どちらが最もいいか、選びにくいです。

そのため、DevSamurai Vietnam株式会社はIT業界のPOとPMに対する調査結果からITプロジェクトの管理者向けの最も人気がある7ツールをご紹介いたします。その前に、プロジェクト管理ツールについてお話しましょう。

1.プロジェクトマネジメントツールとは?

プロジェクトマネジメントツールは仕事やチームメンバーのタスクと進捗を管理するためのアプリケーションです。プロジェクトマネジメントツールはIT業界でけでなく、生産業界や人材業界にも活用されていますが、IT業界は複数プロジェクト、それにプロジェクトの複雑さが特徴であるため、他の業界よりもっと専門なツールを利用するのが必要です。プロジェクト管理ツールはもともと仕事の工程やスケジュール機能だけでしたが業務の複雑化及びユーザーのニーズに従い、プロジェクト管理以外の機能も数多くアプリケーションに統合され、非常に時間を節約するようになりました。

2.プロジェクト管理ツールの導入メリット

 ⁂ プロジェクトの情報と蓄積の共有

プロジェクトマネジメントツールはチーム全体のタスクの状態や進捗をグラフやガントチャートなどの可視的な方法で表示する機能があり、すべての情報を一箇所にまとめることが可能です。

それに、PM(プロジェクトマネージャー)とPO(プロジェクトオーナー)などマネジメントを担当する方だけではなく、数千チームメンバーは一緒にテスクを入力し、一つのソフトウェアでタスク管理もできます。

⁂ コミュニケーションの活性化

プロジェクト管理ツールはスケジュールタスク管理、開発タスク管理、開発進捗管理など機能以外、チームのコミュニケーション機能が統合される場合も多く存在します。それにより、情報をチームで共有した上で深く話しやすいです。

⁂ 時間や場所を問わず利用できる

プロジェクトマネジメントソフトウェアは大勢すべてのデバイス対応可能なので、モバイルやタブレットがあれば、どこでも開発チームの情報をトラッキングできます。

プロジェクト管理アプリはクラウド型とインストール型があります。クラウド型のはセキュリティ性も容量力も高いです。その一方、インストール型の場合、組織外の人も利用できます。

3TOP7おすすめのプロジェクト管理ツール

Trello

3.5/5


プロジェクト管理ツールTrello
プロジェクト管理ツールTrello

Trelloはクラウド型で、日本語対応です。Trelloタスク管理はTodoリスト、作業中と完了などの各Sticky Noteのようなタスク状況のカードがあり、すべてのタスクを視覚的に表示して、複数人の作業をリアルタイムで確認できます。

TrelloはSlack、Dropbox、Google DriveやGitHubと連帯可能です。

料金プラン

  • 個人:無料
  • ビジネスクラス:$10
  • エンターテインメント:お問い合わせ

Redmine

4/5


プロジェクトマネジメントツールRedmine
プロジェクトマネジメントツールRedmine

Redmineはクラウド型のアプリケーションで、エンジニア向けの管理ツールと知られています。Redmineは、redmineガントチャート、redmineカレンダー、ロードマップなどのプロジェクト全体の進捗状況や個々の作業状態の管理に必要な機能が備えています。

基本機能以外はSubversionやGitと連携できます。

一つの特徴としてRedmine無料ではすべての機能利用可能です。対応言語は英語と日本語で、グロバルにも適用できます。

料金プラン

・無料

・学習コストが必要

Backlog

4.1/5


プロジェクト管理ソフトBacklog
プロジェクト管理ソフトBacklog

Backlogプロジェクト管理ツールはクラウド型とインストール型(オンプレミス型)ともあります。対応言語は日本語と英語で、使いやすいです。Backlogは基本的にBacklogタスク管理としてガントチャート、マイルストーンが、プロジェクトの遂行管理としてWikiやスケジュール機能が備えています。

また、SlackやChatwork、GoogleやiCal、Outlookなど他のアプリと連帯がスムーズです。Backlogはマルチデバイス対応可能で、非常に便利です。

料金プラン

ストレージの大きさやプロジェクト数によって月額料金

  • トライアル:1か月無料利用
  • スタータープラン 月/2640¥
  • スタンダードプラン 月/12980¥
  • プレミアムプラン 月/21780¥
  • プラチナプラン 月/55000¥
  • エンタープライズ(オンプレミス型)お問い合わせ

Jira

5/5


プロジェクト管理ツールJira

Jiraプロジェクト管理はクラウド型のアプリケーションです。PM、POの最も有効的なシステム開発管理ツールとして知られています。ジラタスク管理は、日本語と英語はもちろん、その他の言語も対応しています。

メンバー側と管理者側の観点からJiraの機能を見ると、両方とも使いやすく、革新的なツールです。メンバー側の機能としてタスク管理のロードマップとレポート機能があります。管理者側の機能については具体的な状況の数値化、コンプライアンス準拠、Jiraガントチャート、Jiraバックログ、Jiraチケット、Jiraワークフロー、Jiraマイルストーン、看板ボードなど完全に開発プロジェクト管理に必要な機能がつけています。それに、データの暗号化やプライバシーという機能もあって、セキュリティ面が強いというのはJiraの特徴です。

なお、Jiraは自分の機能以外、Agile User Story Map &RoadmapTeamboardLeanboardなどサードパーティーに開発された開発チーム向けPluginの統合が可能で、IT業界のマネージャー、特にアジャイルチームにとっては非常に役に立ちます。

Jiraツールは、Slack/Dropbox/Google Calendarなど、その他の3000種類のアプリとの連帯とマルチデバイスの対応は可能です。

料金プラン

  • 無料:10名までのチーム
  • スタンダード:ユーザー当たり840¥/月
  • プレミアム:ユーザー当たり 1670¥/月

Jiraに関する無料日本語お問い合わせはこちらへ。

Asana

3.5/5


プロジェクトマネジメントアプリAsana
プロジェクトマネジメントアプリAsana

Asanaは多くの国で利用されているクラウド型プロジェクト管理ツールであり、日本語も対応しています。Asanaはリスト、ボード、タイムライン、カレンダー、進捗などの画面にアクセスしやすく、直感的な操作感です。

CRMツールやSlack、Dropbox、GoogleアプリやMicrosoft Office 365などと連帯でkます。プロジェクト全体の進捗状況をチェックできるポートフォリオ、単純なタスクをオートメーションで登録できる機能も含めて、本格的なプロジェクト管理の導入と拡張性を求める場合におすすめです。

料金プラン

  • Basic:無料
  • Premium:ユーザー当たり/月/1200¥(年間支払い)
  • Business:ユーザー当たり/月/2700¥(年間支払い)
  • Enterprise:問い合わせ

Jooto

4/5


プロジェクト管理ツールJooto
プロジェクト管理ツールJooto

Jootoは日本語対応可能のクラウド型アプリですが外部メンバに対するユーザー管理機能もあります。それにガントチャートやタスク管理、ドラッグアンドドロップ操作もスムーズです。JootoはGoogleカレンダー、Slack、Chatworkとの連帯をサポートします。またCDVファイルにエクスポートも可能です。Jootoは看板方式でユーザーのタスク管理を支援するため、使いやすいです。

料金プラン

  • 4ユーザーまでのチーム:無料
  • スタンダード:1ライセンス/月/500¥
  • エンタープライズ ユーザー当たり/月/980¥

Brabio!

4.4/5


プロジェクトマネジメントアプリBrabio!
プロジェクトマネジメントアプリBrabio!

Brabio!も日本語対応のクラウド型アプリです。基本機能はガントチャート、進捗管理、マイルストーン、スケジュール調整、仕事の割り振りです。それに、Brabio!は企業間コラボやコミュニケーション面の機能が特徴です。

Brabio!はガントチャートやデータをExcelファイル形式で出力できます。

料金プラン

  • 無料プラン:5ユーザーまで
  • エントリープラン:10~50ユーザー/月/3300¥~16500¥
  • ミッドレンジプラン 100~300ユーザー/月/33000¥~99000¥
  • エンタープライズプラン:お問い合わせ

以上TOP7人気のエンジニア向けプロジェクト管理アプリケーションをご紹介しました。それぞれの特徴がありますが、プロジェクトマネジメントの基本的な機能が完全で使いやすいのは共通点です。最適のプロジェクトマネジメントソフトを選ぶためには料金プランとクラウド型かインストール型かを比較するのは必要です。弊社DevSamurai Vietnamはアウトソーシング開発にJiraツールとJiraのAgile User Story Map & Roadmap Pluginを利用しています。