オフショア開発 を絶対失敗しない プロジェクト管理 ベストプラクティス

10月 4, 2021
Mai Anh
オフショア開発

オフショア 開発 または ITアウトソーシング は、コスト効果、時間削減とプロダクト開発プロセスの最適化という利点があり、IT系企業によく利用されてきました。しかし、 オフショア開発プロジェクト は、地理的な違いによる異文化、言語の壁、時差、タスクマネジメント、ルールやコントロールの難しさなどにチャレンジし、プロジェクトの管理は一層難しくなります。そこで本稿で、DevSamurai Vietnamは オフショア開発プロジェクト を成功させる管理のベストプラクティスをご紹介いたします。

オフショア開発とニアショア開発の比較

【2020年版】オフショア開発の単価

ベトナムオフショア開発導入の問題点とその対策

1.最適の オフショア開発 形態 を選ぶ

オフショア開発では契約形態によって準委任契約、請負契約とラボ型開発といった3つの種類に分けられます。オフショア開発プロジェクトにはオフショア開発形態によって管理方法が異なってきます。

1.1.準委任契約のプロジェクト

準委任契約とは、開発自体は海外企業、つまり受託者(受託側)に委託するものの、開発における責任はほぼ委託者が負う契約のことです。

いわば、準委任契約のプロジェクトでは、委託側が自社の開発チームが持ち、すべて委託側の計画に測った開発を進めばいいので、進捗状況の把握、チームマネジメントと品質管理がしやすいです。こんなプロジェクトでは、オフショア開発プロジェクトの管理についてあまり心配しなくてもいいです。

準委任プロジェクトは受託側が委託側から切られてしまうというデメリット一つだけあります。そのため、頻繁なコミュニケーションと計画共有は主要な条件です。

1.2.請負契約のプロジェクト

請負契約は準委任契約の反対でり、開発に関する責任をすべて受託側が担う契約を指します。つまり、開発開始から納品までの責任は受託側が負うことです。請負契約の場合、最初から仕様や要件と見積もりががっちり決まっており、開発を開始すると途中で仕様変更などは認められません。想定される期間をオーバーしていても、この納品ができていなければ開発企業側は作成の義務があるということです。そのため、このオフショア開発形態は主に利用安定度が高いBtoBシステム開発プロジェクトに活用されます。

請負契約を利用するプロジェクトでは、仕様の間違いや変更が発生することがコスト高騰や開発時間の増大につながります。また、開発企業の遅刻が委託側の営業計画に影響を与えことや、納品の質が期待に負えないことが発生する恐れがあります。それで、請負契約のプロジェクトを管理するにはいくつかの注意点があります。

・両方の認知度の確認

上記の通り、請負契約のプロジェクトでは仕様と条件の変更が認められないため、プロジェクトを開始する前に、コスト、リソースと納品期日を受託側と明確に相談すること。受託側が自分の期待と求めている品質を正しく認識しているかどうか確認することがプロジェクトの成功の決定的な要素です。

・小規模のプロジェクトから開始

請負契約のプロジェクトは多くの場合、多額の出費を払うのが主要です。開発ベンダーを間違うと出費と時間がムダとなる恐れがあって、リスクが高いです。そのため、初回でオフショア開発を導入するなら、受託側の能力と協力可能性を確認するために小規模でオフショア開発プロジェクトを開始するのは鋭い選択でしょう。

DevSamurai Vietnam株式会社はスコープが小さい オフショア開発プロジェクトもサポートしておりますので、ぜひお問い合わせください

1.3. ラボ型開発

ラボ型開発とは、クライアントが求めているスキルを持つ専門エンジニアチームを一定期間で、クライアント側のオフィスにオンサイトしてか自社でリモート体制構築して開発するオフショア開発形態です。多くの場合、コストを削減するためにそのチームをリモート勤務体制で管理して開発します。

外国人の開発チームとリモートで協力するため、文化、言語と時間の差異が他のオフショア開発形態よりはっきり感じられ、管理スキルを最も求めるオフショア開発形態です。地理的なディスタンスがあるラボ型開発プロジェクトはチームコラボレーションが非常に重要で、それを完全に実現できるアジャイル開発が最適の開発メソッドです。アジャイル開発メソッドとその5つの手法についてはアジャイル開発 と は? アジャイル開発手法 の5つ: アジャイルスクラム とカンバンで詳細に案内いたしました。アジャイルチームを管理するベストプラクティスは以下のヒントをご参考ください。

製品ステートメントを定義

分散開発チームでプロジェクトを開始する前に、期日までに完了する必要があるタスクのボリュームを定めるさてっぷは、包括的な開発戦略または作業範囲(SOW:Scope of work)を構築し、プロジェクトの全体像をチームに提示するのに役立ちます。作業範囲(SOW)は、マイルストーン、レポートとタイムラインを含みます。また、作業範囲に基づいて、プロジェクトをさらにいくつの部分と特定のタスクセットに分割し、そのあとの製品の反復を計画します。これにより、製品の開発がより地理的な差異によるリスクなどを回避し、製品の開発がより柔軟になって、改善や変更を行いやすいです。

明確な開発ロードマップを作成

作業範囲の各タスクに期日を設定することで、オフショア開発チームに開発の計画を共有し、モチベーションと責任感を向上することができます。従って、プロジェクトの延長やリスクを回避できるでしょう。

通常のミーティング

デイリースタンドアップ、毎週の会議または毎月の同期更新などを定期的に行うことにより、チーム全体のコラボレーションを向上しながら、オフショア開発チームのタスクと開発進捗の管理を実現することができます。また、開発中におけるチームメンバー間の誤解やバッグが発生する場合、いち早く解決できるでしょう。

2.オフショア開発プロジェクト 管理を支援するツール

・プロジェクト管理ツール:Jira、Trello、Brabio!、Jooto、Asana、Backlog、Redmine

【2021年】開発者向けプロジェクト管理ツールおすすめ7選!徹底比較!

・コミュニケーションマネジメントツール:Skype、Slack、Google Meet

・チームコラボレーションツール:InVision、GitHub

・オンラインストレージ・共有ツール:Google Drive、Googleクラウド、OneDrive

・タイムトラッキングツール:Google Calendar、Clockify

まとめ

ITプロジェクトを管理すること自体は難しいものであり、オフショアなら一層つらくなってきます。しかし、達成できる目標と明確な計画を立てて、共有しながら、通常のコミュニケーションを維持すれば、プロジェクトが成功できるはずでしょう。

DevSamurai VietnamはGoogle Cloud、Sonatype、Atlassianのパートナー、CNCF、The Linux Foundationのメンバーであり、クラウドネイティブアプリ開発、DevOps、ウェッブアプリ・モバイルアプリ開発を中心にオフショア開発事業を行っております。アジャイル開発を主要な開発方法としており、数多くのラボ型開発、準委任契約型開発、請負契約型開発成功に導いてまいりました。 オフショア開発会社 をお探しなら、DevSamurai Vietnamへお問い合わせください